世界柔道ランキング

IJF(国際柔道連盟)ランキングについて

IJFランキングは、IJF(国際柔道連盟)が2009年1月から実施している柔道の国際ランキングです。

オリンピック、世界選手権、マスターズ、グランドスラム、ワールドカップ、大陸選手権、グランプリなど、代表的な 柔道の国際大会を格付けした上で、各選手の活躍に応じてポイントが与えられます。国際大会の格付け(ランク)によって、ポイントは異なります。

階級は、男子が100kg超級、100kg級、90kg級、81kg級、73kg級、66kg級、60kg級。

女子が78kg超級、78kg級、70kg級、63kg級、57kg級、52kg級、48kg級です。

このランキング制度は、他のメジャースポーツに倣い、ポイント制を導入することで競技者同士の実力を客観的に明確に評価することを狙ったもので、2012年ロンドンオリンピックの出場権は、このポイントに基づいて決まりました。

IJF柔道世界ランキング

IJF - 国際柔道連盟
IJF - 国際柔道連盟の公式オフィシャルサイト内の 「World Ranking List」ページに、シニア、チーム、ジュニアなどの各ランキングがPDF書類形式で提供されています。
2016年7月26日現在のランキングは、IJF World Ranking List(PDF書類)にて。

日本国内柔道ランキングについて

2014年から全柔連は、IJF(国際柔道連盟)による世界ランキングとは別に、日本独自のランキングを制定しています。

この日本国内ランキングは、講道館杯、全日本選抜体重別選手権、全日本選手権の国内主要3大会をはじめ、オリンピック、世界選手権、ワールドマスターズなどの海外大会での各種ポイントを2年間集計。

直近の1年間は100%、その前年は50%を有効ポイントとして加算します。

この国内ランキングは、強化委員会において代表選手選考の参考資料として活用されるものの、これのみで代表選手が決定されることはない、としています。

日本国内柔道ランキング

(公財)全日本柔道連盟/All Japan Judo Federation (日本語)
全日本柔道連盟の公式オフィシャルサイトに、 国内ランキングが、国内ポイントシステム(16.4.29更新)に関する詳細な解説 【強化委員会】国内ポイントシステム(16.4.29更新)と共に掲載されています。
男子ポイント(PDF書類)(国内ランキング 男子)
女子ポイント(PDF書類)(国内ランキング 女子)
柔道家出身大学ランキング
国際的な大会で3位以上を獲得した柔道家、および、国際的な大会が開催される以前の著名な柔道家を対象に出身大学別に集計したランキングです。